読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じぷしーふぉーちゅん四行詩

カードめくり やってます。

時間カード。

Gypsy Fortune Telling Cardsには、明確な時間と空間の概念がありません。

スプレッドに並ぶカードから、傾向やエネルギーの動きを読んでいく。

具体的にいつ何が起きるという風には出てきませんが、

カードを並べ、クライアントさんと言葉を交わしながら、

カードの表す気持ちの動きを想定される出来事に繋げていく。

そんな感じで占っていきます。

Gypsy Fortune Telling Cardsが占えるのは、通常6ヶ月以内のことがら。

つまり、スプレッドに現れたカードが示すものは、

6ヶ月以内に起こるであろうことを暗示するということです。

そんな中で、はっきりと「時」を示すカードとして挙げられるのが、

"message"と"journey"のカードです。

"message"は「すぐに」のイメージ、

"journey"は「割とすぐ、6ヶ月以内」のイメージです。

このどちらかが出た場合は、スタンバイ。

 

それとは別に、抽象的概念としての「時」を表すものとしては

"hope" "visit" "constancy"。

"hope"=「長期間、何年も」

"visit"=「短期間、一時的」

"constancy"=「永久に、ずっと」

こんなイメージで、隣に並ぶカードの示す事柄とリンクして占っていきます。

例えば、"love"との組みあわせで見ると、

"love"+"constancy"=「ずっと続く強い愛」

"love"+"visit"=「一時的な愛」

みたいな感じです。

Gypsy Fortune Telling Cardsは、

隣り合ったカードの組みあわせで読んでいきます。

 

カードに気持ちを乗せて、クライアントさんと一緒に答え探しの旅。

時間、空間を飛び越えて、気持ちにフォーカス。

Gypsy Fortune Telling Cardsは、そんなスタンスのカードです。

 

 

FORTUNE TELLING WITH GYPSY CARDS (ESTHER GOMBOR 著)より。